20代熱意向上プログラム(若手社員への教育)

若手の社員の働く意識を変えたい経営者の方へ

企業がビジネスを永続的に継続させるためには、社員一人ひとりの力が求められます。

社員の力とは、営業スキルや具体的な専門スキルだけでなく、

「働くことに対する意識」も該当します。

特に若手社員が自分の力を発揮できるかどうかは、会社の成長に大きく影響します。

働くことへの意識がまだ幼い、働く上での土壌が十分でない状態では、専門的なスキルが身につくスピードも遅いですし、そこから応用できるレベルにはすぐにつながりません。

働くことに対する意識を強くしないことは、企業にとっても、若手社員にとっても、不幸なことです。

企業にとって、

▼自分が担当する仕事だけやれば良いと思っている

▼アルバイト感覚で仕事を捉えている

▼仕事に対してやる気がわかない

▼周囲の人とコミュニケーションをとらない

など、何かしらの問題を抱える社員がいることは、現場にマイナスな影響をもたらします。

改善しないことには、今後ますますその影響は強くなることでしょう。

また社員にとっても、

▼自分の仕事がどういう役割を持っているのか

▼会社にとってどれほど影響を与えられているのか

▼やらされている感で取り組む仕事

▼他の社員さんとのコミュニケーションに悩む

といった状況にあることは、働く上でのストレスも大きなものになりかねません。

キーワードは「役割定義」と「補完意識」です

熱意向上のためには、まず仕事への「役割の定義」が大切になります。

社員教育というと、どうしても実務レベルの指導を重視しがちですが、それよりも

「自分はこの仕事をすることで成長できる!」

「自分は会社から必要とされている!」

と実感できるように促していくことが必要です。


若手社員は今でこそ、できる業務も限られているかもしれませんが、

後5年も経てば現場のリーダーとなり、

さらには管理職ポジションを担い、

いずれは社員の先頭に立ち、会社を引っ張る存在になります。

各ポジションに就いた時に教育を施すのではなく、

まだ仕事に対する意識が定着していない段階で、仕事に対して熱意を持たせる事で、

仕事に対してモチベーション高く取り組むことができます。

そうなれば社員一人の生産性も向上し、

また同時にチームの一員としての「補完意識」を持って動くようになるため、

現場に活気をもたらすことも期待できるのです。

20代熱意向上プログラムをご提供します!

20代熱意向上プログラムでは、

当社代表の井桁が、一般企業への就職経験と、実際に起業をしてからの実体験をもとに、

20代の目線から、働くことや仕事に対する認識を伝え、仕事をする上での土台作りをします。

研修内容例

1回の研修は3時間となります。

1回目テーマ:自社を知る、自分を見つめる

・「組織で働く」とはどういうことか
・企業理念の再理解(経営者とのヒアリングを通じて、伝えたいメッセージを事前確認します)
・自分の会社がどういう段階で、どういうことが求められているのか。
・自分が成長するためにはどういうことを心がければよいのか

2回目テーマ:多様性を知る、チームの一員としての意識

・会社において、どういう役割分担になっているか(各ポジションの職務の理解)
・会社には多様な人がいることの理解(みんなそれぞれで良い)
・自分がどう会社に貢献できるだろうか?(補完意識の確認)

料金

全2回:200,000円(税抜)

※追加1回あたり100,000円~(税抜)
※料金は社員数に応じて(人数が多い場合など)変動致します。詳細はお問い合わせください。

まずはご相談ください

ここまでご興味ありましたら、まずは、下記フォームよりお気軽にお申し込み下さい。
弊社担当者よりメールにてヒアリング(無料)に関する日程調整のご案内をお送りいたします。

無料相談はこちらから

組織作りに関するメルマガも配信しております。ぜひご登録ください!