囲碁を学ぶ

  1. 相手の石を切れない人へのアドバイス【囲碁】

    勇気がいりますよね囲碁において相手の石を切ることは、戦局を有利に進めるための大きなポイントになります。切ることで相手の石をうまく取れたり、戦いの中で相手を弱くすることができます。しかし石を切るのはなかなか勇気がいりますよね。

  2. 【囲碁】戦いを有利に進めるポイント(後編)

    戦いでなぜか負けてしまう人が見るべきところ前編の記事では、囲碁の戦いにおいては相手の頭を叩くことが重要であると書きました。

  3. 【囲碁】戦いを有利に進めるポイント(前編)

    囲碁の戦いを苦手に感じている人は多いと思います。序盤の布石なら、隅の定石を覚えたり、3線と4線のバランスを考えていけばそれなりの手を打てます。また終盤なら、先手でヨセられる所を探していけばいい。それに対して中盤の戦いには、決まった手順はありません。

  4. 囲碁の布石はL字型で見よう

    盤上を広く見る方法「盤上を広く見るって、どうやったらいいですか?」レッスンや棋譜添削を通じて何度か聞かれましたので、今回はそれについて思うことを書きます。「盤上を広く見ましょう」・「大局観を磨きましょう」というアドバイスは、囲碁をやっていると色んな場面で耳にします。

  5. 囲碁級位者でもできる検討のやり方

    自分だけでもできる検討の仕方とは囲碁の学びを大きくするには、対局後の検討(振り返り)が大切です。実戦ではここに打ったけど、別の場所に打っていたらどうなっていたのか。

  6. 囲碁アマ高段者が思う「棋譜並べから得られる効果」とは?

    棋譜並べで強くなれました棋譜並べは囲碁の勉強法の1つです。プロ棋士の棋譜、江戸時代に打たれた棋譜、はたまたAIが打った棋譜などを並べることで、強い人の感覚に触れることができます。

ページ上部へ戻る