エネルギーを循環できる関係

『上達の約束』をやっていると
レッスンが終わってからの方が始まる前よりも元気になっていると感じています。
 

2時間30分、全力でやっているので体力的には疲れてもおかしくないのですが、
終わってからも「よし、次はこの仕事に取り組もう!」と身体が軽くなっています。

これは受講してくださる方々の熱い気持ちが僕に届いているからです。
 

お申込みしてくださっている方は、「上達して囲碁を楽しみたい!」と強く思っている方ばかりなのでそのエネルギーたるや、ものすごい熱量です。

僕は上達のための知識や意識面のアドバイスをお渡ししている代わりに、
みなさんからこの熱いエネルギーをもらっています。
 

エネルギーをもらった僕は、さらにみなさんに楽しんでいただけるように頭をつかってあれこれ考える。
それがまた受講生の方や別の誰かに喜んでいただけるサービスづくりにつながる。

エネルギー循環できる環境を生み出せたのは、講師としてとてもうれしいです。

 
そしてこの環境を僕や今受講されている方々だけでなく、もっと多くの方に渡していきたい。
これからつくるサービスで元気になる人を増やしていきたい。
 

・囲碁が強くなりたい方の願いをお手伝いして元気にするのも良いですし、

・囲碁をやってストレス解消になり、仕事や職場に好影響を与えるというのも良い。

・人との出会いによって新しい視界が開かれ、それまで想像できなかった何かに取り組む人を生み出すのでも良い。

 
それぞれが特別に意識しているわけではないんだけど、自然と励まし合えるような空間・場をつくっていきたい。

AさんがBさんを助けるときがあれば、BさんがAさんを助けるときもある。

そんなエネルギーの循環を僕は囲碁を通じて生み出したいんです。