サッカーと囲碁

こんにちは。!岸田です!

先日、サッカーJリーグのチャンピオンシップ決勝が行われました。
とても白熱した試合で、終わった後もしばらく興奮していました!

チャンピオンシップが分からない方もいるかもしれませんね。
今年から、Jリーグが11年ぶりの2ステージ制となったことはご存知ですか?

今までは年間勝点1位のチームが優勝でした。
しかし今年からは、1st,2ndステージの優勝チーム、年間勝点1位、2位、3位のチームがチャンピオンシップで年間優勝を決めます。
少し野球のクライマックスシリーズに似ているかもしれません。

1チャンピオンシップ 

今年はこんな感じになっています!↓↓
第一戦は広島が後半アディショナルタイムに2点を追加し逆転勝利をおさめました。
ガンバ大阪ファンの友人がSNS上で悲しんでいました。

championship_topYagura

僕はサッカーの試合を見る時、基本的に真ん中らへんにいる選手を見ています。
真ん中あたりはMFというポジションの選手がいるのですが、彼らが前にいるFWの選手に出すスルーパスが大好きなんです!
スルーパスがきれいな時は、見ていてとても楽しくなります。

今回の試合もそういう風に見ていました。
そしてある時思ったんですが、MFの選手は囲碁を打つ人と同じ思考でプレーしているんじゃないかと。

MFは攻める時と守る時を冷静に見極めてプレーする。味方と敵の位置や力量を判断材料にしてプレーする。
常に大局的に物事をみてプレーする。

囲碁も同じことが言えます。自分と相手の石の強さや位置関係を考えて、次の一手を打つ。
相手が自陣をガチガチに構えれば、自分は焦らずに次のチャンスを待つ。

考え方は全く一緒ですね。
僕は高校時代FWでしたが、MFの方が向いていたのかもしれません。

だとすると、囲碁を打ったことがある人は皆MFで結構いい働きができるかもしれませんね。

フォーメーションサッカー 囲碁フォーメーション

サッカーの試合を見る時、どうしてもボールの行方ばかり追って見ているって方!
少し後ろに下がりフィールドを大局的に見れば、別の楽しみ方もできるかもしれませんよ!