【私の碁歴書】vol.2『大学受験に失敗〜文化系のサークルを探す〜』

●○●○●○●○●○

※過去の記事はこちらから
【私の碁歴書】vol.1

●○●○●○●○●○

大学受験失敗!

2009年3月、高校3年のぼくは大学受験を失敗しました。

それまで勉強もそれなりに頑張り
部活や学校行事もすべて楽しみ、
順調な学生生活を過ごしてきた中で、
唯一、不本意な結果になったのが大学受験です。

今となっては笑い話ですが、
当時の自分としては人生初の「挫折」を味わった感覚でした。

中島みゆきの『時代』の素晴らしさに気づくほどです(笑)

浪人はしない予定だったので受かったところに進学します。
そして渋々進学したのが東洋大学です。
(すみません)
 

サークルをどうしようか

中学・高校までソフトテニス部に所属していたので、
大学でも続けるつもりでいました。

しかし偶然にも地元のソフトテニスチームで練習できることになり、
大学では今までと違うことを始めてみようと思いました。

ここでもし大学でもソフトテニスを選んでいたら、
まったく違う人生を歩んでいたでしょう。
 

他スポーツとの両立はむずかしいと思い、
文化系サークルを探しました。

さすがマンモス校、サークル紹介冊子を見ると、
ギターや演劇など色んなジャンルのサークルがあります。

そしてその中で「囲碁」の字が目に飛び込んできたのが、
サークルを知る最初のきっかけです。

小学生時代に『ヒカルの碁』を読んで、
囲碁に対するイメージがそこまで堅苦しくなかったのもあって、
囲碁サークルを最初にのぞいてみることにしました。