新碁聖が誕生しましたね!

第43期・碁聖戦

8月3日に第43期・碁聖戦の第3局が行われました。

結果は挑戦者の許七段が勝利し、3連勝のストレートでタイトル奪取!

Yahooニュースはこちらから

碁聖のタイトルをもっていたのは井山裕太七冠。
国内では敵なしの状態が長く続いてきました。

その井山碁聖に挑戦する許家元七段は台湾出身のプロ棋士で、
もともと若手のホープとして活躍していましたが、
今年は特に大活躍しています。

ただし許七段にとっては、今回がはじめてのタイトル挑戦でした。

タイトル戦は独特な雰囲気の中で一手を打たなければならないため、
実績だけでなく経験も問われることがあるそうです。

そうなると井山碁聖の方が優位かと思っていたのですが、
2局終了した段階で許七段が2連勝。

あと1勝すれば碁聖を獲得する状況で臨んだ第3局でした。

そして昨日の対局で勝利し、見事に新碁聖の誕生となりました。

若手棋士は許さんの他にもトップの舞台で戦う人が増えてきています。
これからの囲碁界は「井山VS若手棋士」という枠で見ると、面白いと思います。

許さん、おめでとうございます!