意外な使い方

囲碁以外でも約束しました

12月2日(日)に荒木杯というペア碁の大会があります。
男女でペアを組んで出場できる大会です。

「次回はいっしょに出ましょう」
と口約束していたOさんと先日お会いし、
出場することを改めて確定させました。
 

またOさんは

「今の棋力になってから停滞しているので、大会までに上達したい」

とも思っていたそうで、
『上達の約束』にも申込してくれました。

ありがとうございます!

なんとか年内で「初段」を目指したいとのこと。
これから一緒にがんばりましょう。
 
 
このサポート期間中、Oさんとは棋力アップの他に
もう一つ別のことを約束しました。
 

それは「痩せる」ということ。
 

ぼくはもともと痩せ型でした。

しかし少しずつ脂肪が付きやすくなってきたのか、
それともお酒も含めた食生活がいけないのか、
標準体重を上回り、今は人生で一番太っています。

去年からお腹まわりが気になり始め、
痩せよう痩せようと思っていたものの、
なかなか本気で取り組んでいませんでした。
 

荒木杯は「男性は上着・ネクタイ着用」という服装規定があります。

また順位とは別に【ベストドレッサー賞】もあるので、
そこも狙おうと思ったら、だらしない体型ではいけません。
 

Oさんも以前からダイエットに関心をもっていたそうで、
期間中はその進捗についても報告し合うことになりました。
 

『上達の約束』は囲碁の上達をサポートするだけでなく、
他の努力への強制力としても使えるということです。

「定期的に会う」というところに目を付けた、
意外な使い方に感心しました。

※もちろんダイエットのための料金はかかりません。
 

僕らがサービス名を『上達の約束』としたのは、
上達するには先生だけでなく、
受講者の努力も必要だと思っているからです。

「先生に教われば強くなれるはず」といった
一方通行の依存のような関係ではなく、
お互いの努力を約束して上達を目指す。

そんな関係をみなさんと築きたいと思っています。
 

ということで2ヶ月後には
ぼくは5キロ痩せた状態、Oさんは初段を目指して一緒にがんばります(笑)