ブログ

囲碁を学ぶ環境、どうしていますか

環境を考えましょう

あなたのまわりに、囲碁を学ぶ環境はどんな場所がありますか?
またその場所は、どんな方法を採用していますか?

僕はいくつかのレッスンサービスを行っていますが、
基本的にどれも少人数制を採っています。
 
 
理由は2つあって、

1つは、少人数制の方が、生徒さんの時間を、より有意義なものにできるから。

もう1つは、僕が何かを教わるならば、少人数制の方がいいからです。
 
 
大人数が一度に集まる教室では、どうしても手の届かない範囲が生まれてしまいます。
(生徒それぞれのレベルや状況が異なる場合)

また講師はそれを踏まえながら、カリキュラムを作っていきます。
 
 
大人数での教室は、やったことがないのでしっかりとイメージできませんが、
講師からすると、全員に満足してもらうのは、かなり大変だと思います。

それぞれの生徒の課題を分析し、
10人中7人には、今は「攻め方」を教えればいいのだけど、残り3人には「守り方」を教えたい。

だけど一度にすべて伝えるのは無理だから、
4月は攻め方をテーマにして、守り方は5月に教えよう。

あくまで想像ではありますが、大人数向けの教室は
こういった感じで進められていると思います。
 
 
ただそうなると、残りの3人にとって、4月の内容はあまり効果的ではありません。

今必要なのは守り方を知ることですし、

守り方がしっかりわかっていなければ、
良い攻め方も実現しにくいのが囲碁の事実です。
 
 
また生徒さん側からしてもデメリットがあります。

大人数であることで、
質問したいことがあっても先生に聞きにくいとか、

上述の通り、
講座の内容が自分に合ってないなど、
自分のペースで学べないことがあげられるでしょう。
 
 
少人数制・大人数制をどのように選ぶのかは
その人の目的次第によるところが多いです。

ただ囲碁を強くなりたいと思うならば、少人数で学べる環境を僕はおすすめします。

関連記事

コメントは利用できません。

『上達の約束』チャンネル

↑↑
『上達の約束』YouTubeチャンネルです

過去の動画はこちらから

『週刊 上達』(無料メルマガ)


↑↑
マークをクリックすると登録ページに飛びます。
イベントの先行案内や、上達に関するコラムを毎週火曜の夜に配信しています。
無料ですのでお気軽にご登録ください。

『黒ヤギさん白ヤギさん』

あなたの対局の棋譜を教材にしませんか?
あなた専用の動画を作成して、課題を添削します。
詳しくはこちらから

ページ上部へ戻る