ブログ

詰碁を続けるための心構え

どんな問題やってますか

こんにちは、井桁です。

囲碁の勉強法の一つに「詰碁を解く」があります。

詰碁は、読みの力を鍛えるツールとして、とても有効ですし、
問題に出てくるような形を知ることで、急場の判断をより良くできます。
 
 
しかし取り組むにあたって、みなさん直面するのが、
「やっていても退屈で、習慣になるまで続けられない」ということ。

まわりの友人や先生から勧められて本を購入し、
やる気のある時はたくさん取り組めるのだけど、
ある時「今日はいいか」と思ったが最後、詰碁は本棚の片隅に置かれたままになってしまう。

こんな経験ありませんか?
 
 
そうなってしまう理由は、
「解いていても難しくて、分からないから」ではないでしょうか。

囲碁を打つ方は、まじめな方が多いのか、
本を購入する際、自分の棋力と同じくらいか、少し難しいものを買う方が多いようです。

しかしそれが原因で苦労してしまい、投げ出しては本末転倒です。

詰碁はすぐに成果が表れるものでもありませんから、
解くときには「長く続けること」を優先させましょう。
 
 
そのためにできることとして、
まず解いている問題の難易度を下げてみましょう。

たとえば中級者の方であれば、初級者向け(または入門向け)、
初段くらいの方であれば、級位者向けのものなど、
自分の棋力から、5級分くらいやさしい本がちょうど良いと思います。
 
 
「やさしい問題を解いていて、意味があるの?」と思う方もいるかもしれません。

しかし繰り返しになりますが、大切なのは「長く続けること」であり、
難易度を下げることは、そのために大いに意味があります。
  
   
次にできることは、1日あたりに取り組む問題数を減らしてみることです。

「1日○問」と、数字を決めて取り組んでいる方がいたとしたら、
その数を少し減らしてみます。

詰碁を解くことは散歩のようなものであり、
バーベルやスクワットなど、負荷のかかる筋トレではありません。

「これくらいなら、難しくもなく答えがわかるかなぁ」と思うものに
取り組むくらいがちょうどいいんです。

また1冊150問近くあれば、内20問は難しい問題があるでしょうから、
その時に少し負荷がかかれば十分だと思います。
 
  
その他、本を1周したら自分に何かごほうびを用意するなど、
やる気を維持する方法は人の数だけあると思いますので、
いろいろ試してみてください。

詰碁を続けるためには

・難しいものではなく、やさしいものに取り組む
・1日に解く数を減らしてみる(やる気のない時を基準にする)

という2点を心構えとして持っておくと良いと思います。

楽しい詰碁ライフを過ごしましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

『上達の約束』チャンネル

↑↑
『上達の約束』YouTubeチャンネルです

過去の動画はこちらから

『週刊 上達』(無料メルマガ)


↑↑
マークをクリックすると登録ページに飛びます。
イベントの先行案内や、上達に関するコラムを毎週火曜の夜に配信しています。
無料ですのでお気軽にご登録ください。

『黒ヤギさん白ヤギさん』

あなたの対局の棋譜を教材にしませんか?
あなた専用の動画を作成して、課題を添削します。
詳しくはこちらから

ページ上部へ戻る