「上達の約束」開始!〜考えて実践して失敗して〜

【11月5日からスタート!】

11月5日から「上達の約束」がスタート!

初回は2桁級の方が2名と、1桁級の方が1名へのレッスンとなりました。
みなさん、これまで囲碁を打ってはいるものの、なかなか上達のきっかけを得られていないということでした。

少し早めに来ていただき、顔合わせも兼ねて、囲碁の上達において意識したいことを石音の根本さんとお伝えしました。
 

それは「自分がどうしたいのか考えましょう」ということ。

囲碁には二度と同じ局面は現れません。
それだけ変化が多く、自由なところが囲碁の楽しさです。

実際、棋力が高い人ほどこの楽しさを実感しています。
初級者のうちはあまり実感がわかない方も多いと思いますが、意識次第で少しずつできるようになっていきます。
 

【考えて実践して失敗しての繰り返し】

考えて一手を打つことは、なんとなく打つよりも、数倍意味のある時間になります。
気持ちが込められた対局を検討することで、自分の「考え方の質」を磨けるからです。
 
逆に定石や手筋を覚えることばかりに気を取られてはいけません。

定石を打つだけでは、囲碁の「自由さ」を放棄して、「枠組み」の中で着手を選択するのと同じです。
これでは囲碁の楽しさに気づけません。

講師側も生徒さんが誤った方向にいかないように、気をつけないといけませんね。

覚えることも大切ですが、それよりも「自分がどうしたいのか」を考える。
 

もちろん最初からうまくはできません。
失敗することも多々あると思います。

しかし失敗も、上達のためには避けて通れないもの。
失敗して悪い手を知ることが、良い手を知ることにつながります。

 
フォロー期間が終わったとき、
「囲碁をはじめてから、これほど考えて失敗した期間はなかった」
と思えるように、自分にとって新しい手をどんどんチャレンジしていきましょう!
 
 
「上達の約束」は随時募集していますので、興味ある方は以下よりご確認ください!
地方の方はオンライン参加も可能です。

詳細はこちらから