【上達の診療所】「ヨセの秘策」を伝えました

第5回『上達の診療所』

8月26日(日)に5回目の『上達の診療所』を開催しました。
 
9月1日に「宝酒造杯・東京大会2」があるということで、
すぐにでも使えることをテーマにしようと、今回は「ヨセ」を中心に伝えました。 
 
 
ヨセって一人ではなかなか勉強しない分野だと思います。

だけど勉強すればするほど
その奥深さを知れるのがヨセのおもしろさです。

ぼくも最初は避けていた分野でしたが、
そういった奥深さを感じてからは楽しく勉強できたことを覚えています。

講座ではヨセの価値をどう数えるのかを共有した後で
村上深さんが作成したプリントを渡しました。

プリントには、実戦でよく出てくる図を掲載し、
それぞれの図に書かれた手が一体どれくらい大きいのかを考えてもらいました。

みなさんとも、それぞれの図が予想よりも価値が大きかったようで
「実戦で打ったらこんなに得するんですね!」
と驚いていました。

そう、ヨセって思っているよりも得できることが多いんです。
 

驚いたことは頭にも残りやすいと思いますので、
ぜひ今週末の大会でも活かしてくださいね。

ぼくも途中から応援に行きます。
もし見かけたら声かけてもらえたら嬉しいです。
 

『上達の診療所』の次回は
9月24日(祝)の12:00から14:00で開催します。
会場は神田のいずみ囲碁ジャパンです。

今回参加されたみなさん、ありがとうございました!