代表プロフィール

プロフィール

井桁 健太(Kenta Igeta)
代表取締役

◆1990年11月生まれ。埼玉県行田市出身

◆2014年12月に食品メーカーの営業職を辞め、2015年5月15日、IGOホールディングス株式会社を設立。

◆【学びの空間と多様なつながりを生み出し、「知的な出会い」を提供し続ける】をビジョンに掲げる。

◆2015年10月、「ゼロから始めると約2年かかる」と言われている「囲碁初段」の「三ヶ月での達成」目指す、
三ヶ月で囲碁初段プロジェクト・第一棋」にて、合格者を輩出。
その後も合格者を連続輩出している。
 
◆椅子をなくして立ったまま囲碁と交流を楽しむ「StandupIGO!!」や、朝7時にカフェで囲碁を楽しむ「朝囲碁」、ビジネス講座での囲碁活用など、初心者向けを中心としたイベントを多数開催している。

◆テレビ・ラジオ・新聞などメディア出演も多数している。

◆囲碁を教える他、自身の経験を学校教育にも活かすべく、東京都内の高校生に向けたキャリア教育授業「社長のなり方」を実施するなど精力的にこなしている。

個人ブログ

Twitter

Instagram

あいさつ

IGOホールディングスは、

【学びの空間と多様なつながりを生み出し、「知的な出会い」を提供し続ける】

をビジョンに掲げています。

普段の生活を何気なく過ごしているだけでは、
家・職場・学校・地域など、強い関わりを持ってつながることができる人というのは、とても限られたものになっています。

つながりというのは、その人が成長する基盤となりますから、つながることができる範囲が狭くなってしまっては、
自分が成長できる世界そのものが狭くなってしまうということです。

しかし、一歩踏み出した外の世界で、自分が共感し合えるような人がいたらいかがでしょうか。

囲碁は長い歴史を経て、現代まで伝わってきました。
それは何より、囲碁がコミュニケーションツールとして、認識されていたからではないでしょうか。

囲碁はルールも多くありません。
そのシンプルさが故に、【年齢・性別・言語・国籍・人種・身体能力】といった、コミュニケーションの壁を取り払える力があります。
壁をなくしたコミュニケーションをすることで、人の多様性を理解し、通じ合うことができると信じております。

また囲碁の対局中に考える多様な思考法は、人生においても役立てることができます。

IGOホールディングスは、こういった囲碁の力を使って、学びの空間を生み出し、
単なる出会いではなく自己成長につながるような、「知的な出会い」を提供したい、
その人の成長のきっかけになりたいと思っております。

新しく囲碁を始めようと思っている方から、既に囲碁を知っている方まで、
人と出会い、自己成長をしていきたいと思っている方は、ぜひIGOホールディングスとともに成長していきましょう。