小学生向けの囲碁ワークショップを開催しました!

一般社団法人DAC未来サポート文化事業団さま主催

3月24日(土)に台東区にて小学生向けの囲碁ワークショップを開催しました。

当ワークショップは一般社団法人DAC未来サポート文化事業団さまが主催されたもので、井桁はその講師を担当させていただきました。

台東区の学校に通う小学生9名とその保護者様たちに、囲碁のルール説明と簡単なゲーム体験をしていただくワークショップになりました。

最初は石取りゲームから始まり、全体が慣れてきたところで
「小学生チーム(黒) VS 井桁(白)」という団体戦を実施。

子どもたちは順番に打つルールでしたが、他の子の番でも「あっちの方が良いよ」などアドバイスをお互いにしあっていました(笑)
盛り上がりましたね〜。
 
その後で「陣地が多いほうが勝ち」という、囲碁本来のルールをみんなで実践しました。
2時間という短い時間ではありましたが、囲碁の最初の一歩目を体験していただけたと思います。
  

 
私の個人ブログにも書いたのですが、子どもたちがどんな反応をするのか、そもそも楽しんでもらえるのかなど、前夜は期待と不安が入り混じっていました。
当社が開催するイベントは、99%が大人向けで実施しているので、あまり接したことがない子ども向けのイベントはどんなことが起こるのかイメージしづらいからです。

そのため子どもたちの反応やイベント進行の仕方などとても勉強になりました。
イベントが終わった後で記入いただいたアンケートを見る限り、みなさんにとても楽しんでいただけたようでよかったです。
 
DAC未来サポート文化事業団さま、貴重な機会をありがとうございました!
また参加してくださった子どもたちとその親御さんたちもありがとうございました!

※個人ブログの記事はコチラ↓↓

小学生向け囲碁ワークショップを控えて