ブログ

小さな歪み、侮るなかれ

肩肘が痛くなってしまいました

2週間くらい前から、右肩から右肘にかけて、
張っているような痛みを感じてました。

ずっと痛いわけではないのですが、
たとえば2時間の囲碁レッスンをしていると、
1時間が経ったあたりでジーンと痛みを感じるんです。

痛みの頻度が高まってきたことから、
知り合いの鍼灸師さんに施術をお願いしてきました。
 
 
施術が始まってすぐに、「身体どうしちゃったんですか!?」と驚かれました。
僕自身もマッサージされながら、自分の身体が硬くなっているのをなんとなく感じました。

鍼灸師さん曰く、痛みの原因は、肩まわりだけにあるわけではないとのこと。

肩まわりが硬くなっているということは、日頃から負担をかけてしまっているから。

負担をかけている原因は、身体の他の部分が硬くなっていたことにある。

硬くなった状態にもかかわらず、今までどおりの動きをしようとするから、肩や腕にまで負担をかけてしまったようです。

鍼を打ち、お灸も据えてもらい、施術が終わった頃には、
ここ最近には感じられなかったすっきり感が肩まわりにありました。
 
 
STAY HOMEによって座って仕事する時間が増えたり、
もともと猫背だったり、背負っているリュックが重かったり、

小さな負担を放置していた結果、大きな痛みとなってしまった。

痛みもだいぶ治まったので、再発しないようにストレッチなどを意識的にやりたいと思います。
 
 
小さな歪みでも侮らず、早めの対処が大切ですね。

まさか囲碁を打ちながら、肩肘を痛めるとは思いませんでしたが、良い気づきを得られました。

関連記事

コメントは利用できません。

『上達の約束』チャンネル

↑↑
『上達の約束』YouTubeチャンネルです

過去の動画はこちらから

『週刊 上達』(無料メルマガ)


メールアドレスを入力し、登録を押してください。


『上達の約束』講師陣で毎週配信している無料メルマガです。
コラム「井桁の一言」を連載中!

バックナンバーはこちらから

『黒ヤギさん白ヤギさん』

あなたの対局の棋譜を教材にしませんか?
あなた専用の動画を作成して、課題を添削します。
詳しくはこちらから

ページ上部へ戻る